プチプチ環境宣言2030

くうきとともだちを持続できる社会へ

川上産業は、「くうきとともだち」というキャッチフレーズのもと、CO2排出量抑制に努め、人々が暮らしやすい持続可能な社会を目指すべく、リサイクルを軸にプラスチック循環システムを積極的に追求しております。

「廃プラスチック問題」及び「地球温暖化問題」の両者は、当社においても重要な課題と認識しており、2011 年から環境マネジメントシステム「エコアクション21」を通して取り組んで参り、2020 年にはプラスチック循環構築業務の専門部隊であるリサイクル事業部を発足いたしました。そしてこの度、プチプチ製造工程において3つの目標を掲げ「プチプチ環境宣言2030」をここに宣言いたします。

1)プチプチ生産に使用する主原料の再生比率について2020年実績値80%以上から2025年までに100%レベル達成に引き上げます。

2)2030年までに、プチプチ再生比率100% レベルのうち55%以上について、ポストコンシューマー使用(使用済みプチプチ再生原料含む)を目指します。

3)2030年までに、①②の活動によりCO2排出量20%削減を目指します。(2020年比)

参考:弊社プチプチ生産の再生比率0%から80%の過程においては、これまでにCO2排出量約60%の削減実績となっています。

代表取締役 社長
安永 圭佑