プラパールとは? 特徴

プラパールとは?

プラパールは、真空形成されたキャップとよばれる円柱成形シートを上下からシートで挟んだ、軽量で剛性に優れたプラスチックボードです。
燃やしても、ダイオキシンや塩化水素などの有毒ガスを発生させないポリオレフィン製なので、環境にやさしく、リサイクル性にも優れています。

プラパール構造

top

重量はベニヤの約1/4

一般的なベニヤ(合板)の重さは、厚さ12mmの板で平米あたり約6~8kgあります。
それに比べ、プラパールは平米あたり2kgと非常に軽量です。

重量はベニヤの約1/4

top

基本スペック

  • 同じ厚さのベニヤに比べ、約1/4と非常に軽い素材です。
  • 曲げ剛性に優れ、潰れても復元する性質があります。
  • 中空構造が衝撃をやわらげ、内容物に衝撃が伝わるのを防ぎます。
  • 同じ厚さのベニヤ板に比べ、2倍の断熱性能があります。
  • 型崩れせず、高耐久な素材です。
  • 水に強く、耐水性・防水性に優れた性質です。
  • 薬品に強く、変質しにくい耐薬品性に優れた性質です。
  • 折曲げ加工、端面封止加工など様々な接着技術があります。
  • ポリオレフィン製でできている製品で、リサイクルが容易です。
  • 経済的でお求めやすく、コストパフォーマンスに優れています。

top

オプションスペック

プラパールに付随することができる性能です。
商品によっては、基本性能として備わっているものもあります。

  • 紫外線に強く、屋外使用でも劣化しにくい性能があります。
  • 表面・背面共に不織布などの貼り合わせが可能です。
  • 非帯電性に優れ、静電気障害を防ぐ静電防止加工が施されています。
  • 静電気やホコリをよせつけない導電加工が施されています。
  • 耐久性に優れたシルク印刷が可能です。

top

温度特性グラフ

ポリプロピレン(PP)は、高密度ポリエチレン(HDPE)に比べ高温特性に優れています。
ポリプロピレンの材質的な特徴に、プラパールの形状的特性(プチプチ形状)を組み合わせることで、軽量で、断熱性の高い保冷箱も実現します。
ポリプロピレン(PP)・高密度ポリエチレンの熱的特性

top

物性データ

top

導入のご相談・お問い合わせ

御社に最適なプラパール活用・導入をご提案いたします!
プラパールに関するお問い合わせはお電話またはメールにて!