プチプチ文化レポート

プチプチの破裂音ってどのぐらい?

いつもプチプチをプチプチしてくれてありがとうございます。
先日の取材時の一幕。

ライターさん<プチプチやプッチンスカットの破裂音ってどのぐらいなんですか?
所長    <・・・。プッチンスカットはとても気持ちよくつぶせますよ(汗)
ライターさん<・・・。

そう、プチプチのことを日々追及していると言いながら、
つぶす専用のプチプチ「プッチンスカット」を発売しておきながら、
その「破裂音」を数値化していなかったのです。そんなわけで、プチプチの破裂音ってどのぐらい?を確かめに、『無響室』という専門施設(群馬県)できちんと計測することにしました。

ということで、いざ無響室へ!

新しいパッケージデザインを描いてくださった、
イラストレーターのつぼいひろきさんと一緒に東京駅を出発!

新幹線に乗車していってきま~す!

1時間後、在来線に乗り換え~

さらに1時間後、着きました~

東京から2時間、「小俣」です。

途中、お昼を食べながらパッケージの確認。

さらに車で移動して、着きました!
今回お世話になる「東毛産業技術センター」さんです。

測定開始!

早速『無響室』へと案内されて重厚な扉を開くと、すごい厚さ!!
銀行の金庫より厚いのでは?

中は、ジャーン!! かっこいい!

ちょっと分かりにくいですが、
床が金網になっていて下が2m近くあるそうです。
結構怖かったです(笑)

今回測定するのは6点です。

  • プッチンスカット
  • プッチンスカットセレブ
  • d37(普通のプチプチ)
  • d60(プッチンスカットセレブと同じ大粒の普通のプチプチ)
  • エアピロS(すきまをうめる緩衝材小)
  • エアピロM(すきまをうめる緩衝材大)

では順番に計測開始。

『プチツ』

【d37】⇒ 90dB(デシベル)

『プチツ』

【プッチンスカット】⇒ 101dB

「音が全然ちがうー!!」と盛り上がっていたのに、
普通のプチプチとプッチンスカットでは10dBしか変わりませんでした。

なぜ??

センターの梶原さんに伺ってみました。

そもそも音を数値化するということは複雑だそうで、デシベルは、そのまま音の大きさを表したものではなく、難しい計算の元、
一般の人にも分かりやすい数値にしたものとの事。

数字は10dBしか変わらないのに、実際には「3倍以上」も違うそうです。

3倍ってすごいですね!!
プッチンスカットセレブはd60の2倍くらい大きな音でした!

【d60】⇒ 98dB

【プッチンスカットセレブ】⇒ 104dB

ちなみに、
【エアピロS】⇒ 119dB
【エアピロM】⇒ 114dB
で、普通のプチプチのなんと『28倍』の音でした!
耳が痛かったです(笑)

つぼいさん、すみませんでした。。。


つぼいさんインタビュー

無響室に入った感想は?

→異様な空間。瞑想してみたかった。静寂さがあって吸い込まれていく感じ。

無響室でプチプチを潰した感想は?

→スカットシリーズは感触からして違う。普通のは守るためにあるんだな、とあらためて感じた。Dbの知識がないので、体感は全然違うのに、数値が大きく違わないのが不思議。

プロトタイプを見てどうですか?

→自分で書いておいてあれですが、かなりいいです。

イラストは一気に書いた?

→一気に描きました。大枠を描いて、それを見ながらiPadで描きました。

いろんなキャラがいますがそのアイデアはどうやって?

→連想ゲームのように思いつく。描きながら。

今日の体験はイラストにいきますか?

→より、スカット感を出したいと思った。


プチプチ、プッチンスカットの破裂音に真剣に向き合うことができました。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

肝心の音が気になる方はプチプチチャンネルで動画をチェック!!

プッチンスカット測定風景(無響室)

プチプチの音を商標出願しています。
https://youtu.be/ivQByRO7Zc0

商品に関する詳細はこちら

■プチプチSHOP https://ec.putiputi.co.jp/products/detail/695

タグ:

前の記事 プチプチ文化レポートに戻る 次の記事